無料ブログはココログ

2011年6月12日 (日)

演奏奉仕

皆さん、こんにちは

なかなか更新できなくてごめんなさい

また再開していきたいと思いますのでヨロシクお願いします。

今回は演奏奉仕について書いていきたいと思いますが、今回は在日韓国人のおばあちゃんたちが居る所へ行ってきました

2回目の演奏になるのですが、私は前回行けなかったのでとても緊張と不安でいっぱいでした。

でも、玄関に入った瞬間からビックリするくらいの歓迎をされてとても嬉しく感じ、緊張も吹き飛びました(笑)

今回の曲は、いろいろとテーマを決めながら選曲するという新しい方法で曲を決めていきました。

①楽しませたい曲→「銀座カンカン娘」・「幸せなら手をたたこう」

②感謝の曲→「True Smile Again」・「切手のない贈り物」

③一緒に歌いたい曲→「アリラン」・「トラジ」

という感じで選曲していきました。

ただ漠然と決めた曲を演奏し歌うのではなく、テーマを決めることで曲によって気持ちの込め方や意識することがしやすいなぁと感じました

おばあちゃんたちの反応も最初は少なかったんですが、進行していく中で表情も柔らかくなり口ずさむ方も次第に増えていっていたのが印象的でした。

そして、最後の「アリラン」・「トラジ」では座りながらですが、手で振り付けをしながら踊ってくださる方も出てきて、とても盛り上がりました。

やっぱり民族性の違いなどもあるなぁと思いましたけど、音楽は文化の壁も越えるんだということを少しだけ実感できたことが良かったなぁと思いました。

演奏の後は、聞いてくれた方全員でエンブリに対してお礼に1曲プレゼントしよう。という流れからカラオケ大会が急遽始まり、40分間くらいエンブリと皆さんで交流できたことがとても楽しかったです。

また行けたら良いなと考えてますので、興味のある方が居れば参加してくださいね

                                                                                                     ♪つっち~♪

2010年9月 3日 (金)

第18回特別養護老人ホーム演奏奉仕

やっほー!みんなのエンジェルブリッジだよー!!(歌のお兄さん風

と、言うわけでエンジェルブリッジ今回の活動で特別養護老人ホームでの演奏奉仕も18回目になります。

本当に長い間演奏奉仕をさせていただいているんだなぁ、と思うと感謝感謝ですね!

今回は夏の思い出、浜辺の歌などの夏のうたを歌わせていただいたのですが、知っているおじいちゃんおばあちゃんも多く、一緒に手をたたいて歌ってくださいました。

そんなおじいちゃんおばあちゃんの歌う姿に感動した方々の感想を、少ないですが以下に抜粋いたします。

「みんなの笑顔が良すぎてどこを撮影すればいいのか迷いました。全体的に一体感があり楽しかった (カメラ担当 会社員)」

「おじいちゃんやおばあちゃんが一緒に歌ってくれ、楽しそうに笑ってくれていたので良かった!ただ、反応の薄い人もいたので、そういう人に世間話をしてあげたかった(学生 19歳)」

「みんないきいきとしていて、とても楽しそうだった。一部の人は『True Smile Again』(エンジェルブリッジオリジナルソング)を口ずさんでいて驚いた。 (会社員 26歳)」

みんながおじいちゃんおばあちゃん達が楽しそうだった、と感じてくれていてすごく嬉しいです!中にはエンブリのオリジナルソングを覚えてくださっている方もいた様子。歌を覚えてくれるということは、その歌をいい曲だと思ってくださっているということだと思うので、この感想を見たとき、心の中でひそかに涙が流れました(笑

やっぱり、この活動は誇れる活動だなぁと改めて感じた今回の演奏奉仕でした。

もし興味があればもっとよりよい活動をみんなで作っていきたいですから、どんどん参加してくださいね~!!

2010年8月31日 (火)

第24回特別養護老人ホームシーツ交換

皆さんこんにちは、エンジェルブリッジです!

今回は第24回目の特別養護老人ホームシーツ交換の感想を書かせていただきます!

特に今回の活動は以前から実施したかった祝日の活動となり、土日が休みのメンバー達も参加してくださったので、な・な・なんと!18人も参加してくださいました

つい先日演奏奉仕で史上最高記録として18人と報告したのに、早くもタイ記録となりました。

やっぱりたくさん参加してくださると嬉しいですね

今回も皆さんから感想をいただいたのですが、たくさん参加してくださったので全部は載せられません。ですので、個人的に気になる感想をいくつか抜粋させていただきます。

「老人ホームのイメージが変わりました。同じチームの人が助けてくれて楽しみながらできました。(19歳 学生)」

「祖母が老人ホームにお世話になっていたことがありましたが、シーツ一つにこれだけ苦労や心遣いがこめられているとは気付きませんでした。注目することも無かったところにたくさんのが隠れていたんだと分かりました。(29歳 会社員)」

「シーツ交換をすることは容易いことだと思っていましたが、大変な労力を要することだということを知りました。いくとくの人たちが快適に過ごしてもらえたらとても嬉しいです。(21歳 学生)」

「施設の職員さんが本当に喜んでいてくれてとても嬉しかった。(29歳 会社員)」

まだまだ他にも良い感想は有ったのですが、今回はこれだけを掲載します。

みなさんに喜んでもらえて私たちも嬉しいですけど、皆さんもおじいちゃんおばあちゃんや、施設の職員さん達に喜んでもらえていることに大きなやりがいを感じてもらえているようで本当に良かったです。

今回は17台のシーツ交換ができ、目標の100台まであと28台となりました!!!

また、今回は職員さんが飲み物やお菓子を用意してくださったり、定期的に活動に来てほしいと依頼してくださったり、と今までの活動が実を結び始めたと強く実感できました。

これからも色々と活動していきたいと思いますが、こういう一つ一つの感謝の声が活動の活力となるので、より多くの人たちから感謝される活動を目指して、これからもたっくさん頑張っていきたいなぁ、と思います。

また、今回私たちが感じた感動や喜び、感謝の気持ちをより多くの人たちと分け合いたいと願っておりますので、もし大阪に住んでいる方がいましたら一緒に楽しんでみませんか?画面の前のあなたの参加を心よりお待ちいたしております。

岩崎 筆

2010年6月12日 (土)

第23回特別養護老人ホームシーツ交換

みなさん、こんにちわ

今回は、特別養護老人ホームのシーツ交換へ行って来ました。

今日は8人の方が参加してくれました。

ほとんどの方が初参加の方だったのが嬉しかったです。

今回も2つの班に分かれて4階と6階をシーツ交換しました。

僕の班は僕以外は全員初参加の方たちだったので、最初に一通り交換の仕方を交換しながら教えることから始めました(笑)

その中でも、教えるのは難しいなぁという事を感じたりして、「初めが肝心」だなぁと思いました。

一通り教えると、ある程度理解してくれたので率先してシーツ交換してくれていたのが印象的でした。

誰も手が空いている人が居なくて、何かしら為に生きてるのが素晴らしい光景でした。

目標の交換台数を絶対に交換するんだぁという決意も素敵でした。

今回はリフレクションも活動した班ごとに行いました。

その中で印象的だったのが初参加者の感想で、個人的に活動前に目標などを決めて活動することも大切だけど、班の中でも班目標を決めて活動すれば一体感も生まれてくるのではないかという感想でした。

確かに、楽しく和気藹々とシーツ交換するとどうしても交換台数も少なくなってくるが、もくもくと集中して活動すると交換台数も増えてくると思うので、そういった試みも楽しいと思いました。

シーツ交換もこうして継続して活動出来ていることがとても感謝で嬉しく思います。

職員さんの役に少しでも立っていると思うと、これからもたくさんの人たちと活動していきたいと思います。

2010年5月23日 (日)

第17回特別養護老人ホーム演奏奉仕

皆さん、こんにちは☆

今回は第17回特別養護老人ホーム演奏奉仕の様子を紹介したいと思います。

今回は、なんと!!総勢18名というエンブリ演奏奉仕史上最多人数での演奏奉仕になりました。

本当に感謝感謝です!!

何か、だんだん演奏奉仕やシーツ交換と参加者が増えてきていることが嬉しく思います。

人数が増えるといろいろ参加者は感じる内容が違うので感想もたくさんあって面白かったです。

その中から印象的な感想を幾つか紹介します。

★最近、おじいちゃん・おばあちゃんと接する機会が少なくなっていたので、一緒に歌えたり笑顔が見れて私の方が元気をもらいました。今度は歌も覚えていってたくさんお話できるようTRYしたいと思います!

★人間の心の底には温かい部分があることを実感しました。

★一人ひとりのお年寄りの人の横に付いているうちに自分のお婆ちゃんの様な感じになった。

★すごく涙溢れてしまいました。歌と雰囲気に感動しました。そのせいであんまりコミュニケーションをとることが出来なかったのが悔しかったです。でも参加できてすごくよかったです。

★手をギュッと握り返してくれた事が本当に嬉しくて感動しました。一緒に一つの事をして、とても感動しました。もっと愛したいなぁって深く思いました。

など、たくさん感じる内容がありました。

今回の演奏奉仕をカメラマンとして見ていると、本当に参加者は楽しそうに参加しているなぁと感じました。

エンブリは「音楽を通して家族文化を広げるため世代・意識・文化の壁を越えていきます」というミッションを掲げて活動しています。

参加者の中でも、活動に参加していくうちに最初はあったいろいろな壁が無意識のうちに越えている人もいると思います。

今は無意識のうちかも知れないけど、意識して活動に参加してみると、もっといろいろ感じられるかもしれないですね。

もっと家族文化の輪が広がれば良いなぁと思いました。

2010年4月13日 (火)

特別養護老人ホームで出会ったおじいさん

2月の演奏奉仕☆左ななめ後ろで私達の幼い姿を見守る一人のおじいさんがいました。

そのおじいさんはずっと歌を聴いてくれていたのですが、リクエストがあるか尋ねた時、大きな声で「荒城の月」とリクエストを下さいました。

演奏が終わってから、おじいさんは見送って下さいました。立ち上がって『またて来や!』と歩いてエレベータ近くに来て扉が閉まるまで手を振って下さっていました。。。

実は、一人で立って歩くことが難しい方で、いつも介助の方が必要な状態でした。おじいさん立ち上がった時、介助の方がビックリして差し出した手も「大丈夫や」と言って振り切って歩いて来て下さったのでした。

どうしても見送りたい、ありがとうと言いたい!その気持ちが伝わってきて、私は正直泣きそうになりました。

与えたい喜ばせたいという気持ちは、思うようにいかない体の壁さえも乗り越えるんだなという事を目の当たりにした瞬間でした

オザキ

2010年4月10日 (土)

第21回シーツ交換

皆さん、こんにちは!!

4月になりだんだんと暖かくなってきましたね。

お花見などは行かれたでしょうか?

今回も、特別養護老人ホームのシーツ交換に行ってきました。

今回は過去最多の11人でのシーツ交換でした。

グループも3つのグループに分かれて交換が出来たので、たくさんのフロアで交換できました。

やっぱり人数が多いと、為に生きれる事も増えるので嬉しいですね。

僕のグループは男性グループで参加者はみんな初参加だったので、最初はとても時間が掛かってしまいました。でも、交換していくうちにコツを掴んできたので最後なんかは7分くらいで交換してしまうくらい上達したのが本当に良かったです。

今回は全部で15台も交換することが出来て、とても良かったなぁと思います。

リフレクションは、近くの公園に行き桜の木の下で団子とお茶を頂きながら、お花見リフレクションをしました。

天気にも恵まれて、とても良い雰囲気でリフレクションが出来ました。

もし良かったらエンブリの活動に参加してみて、一緒に喜びを味わってみませんか?

たくさんの参加をお持ちしてます。(土橋)

2010年3月 7日 (日)

第16回特別養護老人ホーム演奏奉仕

冬の寒さを感じさせないポカポカ陽気で2月最後の活動、いくとく演奏奉仕に行って来ました

今回は7階6階での活動でした☆終始笑顔が絶えない和気藹々とした雰囲気でみんなで一緒に楽しめたーと思いましたが、参加した皆さんはどうでしたでしょうか?

参加してくれたメンバーはそれぞれに新たな発見があったようです

                  

(o^-^o) 歌はどんな人とでも楽しめて笑顔にするので、あらためてすごいと思いました。とても楽しかったので次回もまた参加したいです。

ヽ(´▽`) おばあさんが、「あんた、イスないんちゃうか」と言って自分の車イスを譲ろうとしてくださった、その心遣いに感動しました。一緒に歌ってるだけなのに喜んで下さる姿を見て、すごく嬉しかったです。おじいちゃんおばあちゃん孝行をしたいと思いました。街中で出会う人にも、気遣いや思いやりを持てる人になりたいです。

(*^.^*)目を閉じて動かなかったおじいさんが、「あはははは」と笑っておられた。眠っているように見えてもその方はじっと聞いて喜んで下さっているんだと感じた。どんな人にも愛情こめて接していけるようにしていきたい。

(o・ω・)ノ 自分のおじいちゃんおばあちゃんのように思え、自分から話しかけてゆけました。最初は無表情だった方が、歌が終わる頃にはこっちを見てくれて、何かが伝わったんだなって嬉しくなりました。意識の壁が無意識にある自分なんだと思いました。相手に対して心の壁をなくしてゆきたいです。

(・∀・) 普段立つことが大変なおじいさんが、立って話してくれ、その上歩いてエレベータまで見送ってくれて、凄く感動しました。職員さんも驚いている姿をみて、愛したい、与えたいという心は普段できない事も可能にする力があるんだなと感じました。

ヾ(´ε`*)ゝ 初参加の方にどう伝えたら良いか、流れの進めかたなど悩みましたが、他のリーダーのやり方を見たり、相談できたりしたので、共に支え合い歩む仲間がいることがとても心強く感じました。

という事で、皆さんの感想でした家族のようにみんなが一つになり、思いやりをもてる活動になるようにこれからも頑張ります

2010年2月20日 (土)

第19回 シーツ交換に行ってきました

2010年も、2ヶ月が過ぎようとしていますね~月1回のシーツ交換も第19回目を迎えました今回はクミちゃんとあねリンが初めて参加してくれて、計4人でのシーツ交換でした!

今回はベットマットも交換することになりました。おじいちゃん、おばあちゃんの快適な生活の為に、衛生的にも一年に1回、マットを交換するんだそうです!!施設の方が利用者さんに対するサービスは半端ではありません!!!

活動をする中でいつもチームワークを意識していますお互いが声を掛け合って、息を合わせてシーツを交換します。相手が居てこそ自分が何をすべきかが見えてきます。「もっと声を掛けたら良かったかな?」と感じながらも相手の様子を見て一生懸命交換をしました

交換後のシーツは業者さんの手に渡ることを考えてキレイに畳んで洗濯カゴに入れます。今、私の目には見えないけども私の後に関わる人は必ず居るものなんですねその人の事を考えて自分の出来ることを丁寧にするこれってとっても大事な事なんじゃないかなと思います。みなさんはどう思いますか?

最後は職員さんが出して下さったリンゴジュースを味わいながら、心も体もスッキリした活動でした

オザキ

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました。

エンジェル・ブリッジも活動をはじめて3年目に突入いたしました!

ここまでこれたのも、ひとえに支えてくださった皆様のおかげです。

本当に感謝しています。ありがとうございました。

今年も更なる飛躍を目指し、果敢に挑戦していきます!

本年もどうぞ宜しくお願い致します♪

«2009みんなありがとう祭り~笑う門には福来る~